航空母艦WHO’S WHO

ホームページ


当ページでは、原則として固定翼機の離発着が可能でかつそれによって戦闘行動をとることを任務とする艦を対象としますが、以下については歴史的経緯等の観点からそれ以外を含めます。

現在までの就役空母累計 276 [内訳](初就役国でカウント)
日本26、
アメリカ153(正規空母55、軽空母11、護衛空母87(他に援英艦38)、
イギリス77(正規空母・軽空母33、護衛空母44(うち米による援英艦38))、
インド1、オーストラリア2、カナダ2、フランス4、イタリア2、スペイン1、タイ1、中国2、ロシア5
現在の就役空母累計 21 [内訳](現就役国でカウント)
アメリカ11、イギリス2、フランス1、イタリア2、インド1、タイ1、中国2、ロシア1
 ※空母型揚陸艦、水上機母艦、航空巡洋艦(モスクワ級他)を除く。


  日本海軍

  アメリカ海軍(正規空母/軽空母) (UPDATE:20/04/06)
  アメリカ海軍(護衛空母)(CVE-79オマニー・ベイの戦没状況に「特攻」を付記) (UPDATE:06/12/16)
  アメリカ海軍(強襲揚陸艦)(LHD-6ボノム・リシャール退役) (UPDATE:21/06/11)
  イギリス海軍(プリンス・オブ・ウェールズ就役) (UPDATE:20/04/06)
  フランス海軍(次期空母計画中止) (UPDATE:17/01/03)

  アルゼンチン海軍 (旧英軽空母、退役)
  イタリア海軍 (UPDATE:12/10/11)
  インド海軍(就役年月など修正) (UPDATE:19/12/19)
  オーストラリア海軍(旧英軽空母)
  オランダ海軍(旧英軽空母)
  カナダ海軍(旧英軽空母)
  韓国海軍(2012年までに10000t級軽空母を建造する計画あり。(←「独島」のことか))
  スペイン海軍(制海艦型空母×1。2013/2に退役。) (UPDATE:13/08/29)
  タイ海軍(制海艦型空母×1(スペインで建造))
  中国海軍(国産1号艦「山東」就役) (UPDATE:19/12/19)
  ドイツ海軍 (WW2中の建造中止艦×2)
  ブラジル海軍(2017/2のサン・パウロ退役により保有ゼロ) (UPDATE:19/12/19)
  ロシア(ソ連)海軍 (UPDATE:17/01/03)


ホームページへ戻る